.

News

the 7th deep night

2017年12月16日(土)美術評論家の田中由紀子さんとトークショーを行うことが決まりました。

名古屋市文化振興事業団 名古屋市青少年文化センター アートピアの事業としてで、ファン・デ・ナゴヤの関連イベントとなります。

テーマはアーティストが企画を行うことについて。

タイトルはまだ決まっていませんが、少しづつ色々な経験が出来て光栄です。

地域の文化振興

今年度(平成29年度)より地元、豊川市の桜ヶ丘ミュージアムの運営協議委員になりました。

社会的立場にある研究者か教育関係者か学識者のいずれかを満たすことが条件となります。
実績も実力もある作家や研究者はたくさん地元にいると思いますが、地元に在住・活動していること、ファン・デ・ナゴヤで企画が採択されたことが選出理由だそうです。

文化振興に以前より興味があり、大学時代はトリエンナーレで働きたいと思っていました。
それは昨年地元有志というでしたが豊橋の運営会議に仲間に入れて頂くことで、とても良い経験が出来ました。
(その時の記事はこちらです)

こちらのミュージアムにはそれこそミュージアムになる前の文化広場時代は父とよく散歩に来たし、アスレチックで遊んだし。
小学校のときには課外活動で美術鑑賞もしました。
大学時代には学芸員実習をし、豊橋のアートエイジギャラリーで展示をするようになってからは学芸員さんとも親しくさせて頂きました。
監視員のバイトをして、設営ボランティアをして、ここ数年はキッズワークショップの講師をさせて頂いています。

「運良く」という言葉が一番しっくりくるお誘いですが、運も実力の内という言葉を真に受けて。
運を実力に変える努力で今後も色々と経験・勉強させて頂きたいと思います。

the International Workshop of Visual Arts and Artists’ Meeting in Poland

ポーランドでの展示が決まりました。the International Workshop of Visual Arts and Artists’ Meetingというプログラムだそうです。
行き慣れない海外や語学などもろもろ不安もありますが、それを上回る高揚感でいっぱいです。
推薦してくださった美術家のM先生に感謝です。

レジデンス形式なので、向こうで作品を作ってそのまま現地に寄贈してきます。
アトリエは古い修道院。
近年お寺で展示をしていた縁もなんだか必然だったようで不思議です。

滞在は7月23日~8月13日 暑くもなく寒くもない良い気候のよう。

太陽の動線と共に変化する影と土を擦った泥漿で作品をつくる予定です。
ポーランドならではの作品が作れればいい。

そんな訳でこの期間はお問い合わせ頂いてもレスポンスできません。
ご了承くださいませ。

その他展示の予定はこちらから

ファンデナゴヤ2017.12 採択されました。

img_20161229_133935

ファン・デ・ナゴヤ美術展というアート企画のコンペティションに応募し、採択されました。
作家としてだけではなく、企画者としても応募しました。

キュレーターというには素人すぎますが、作家としてどんな展示がしたいか。
誰としたいかを考えた末、声をかけさせてもらったメンバーと展示します。

展示は2017年12月名古屋市民ギャラリー矢田にて。
「ファン・デ・ナゴヤ2017.12」という名称です。

23件の応募の内3件が採択されそのうちのひとつです。
第一次審査が書類、第二次審査がプレゼン
このプレゼンがとにかく緊張した。
最後は子供みたいにやりたい。やりたい。いいものがやれますっていいきっただけだったような気もする。

企画は決まっていますが1年かけてブラッシュアップしていきたいと思います。

REAR38号 レビュー掲載

38_cover_2

img_20161124_0001_new

2016年11月20日発売の芸術批評誌REAR38号のレビューに8月に行いました名古屋市民ギャラリー矢田パートナーシップ事業#4「見えないものを見る力」が掲載されました。
執筆してくださったのは名古屋大学の栗田秀法教授です。

機会がありましたら是非お手に取ってご覧ください。

今後の展示予定

2017年 予定

4月8日~4月30日 個展 アートエイジギャラリー(愛知県豊橋市)

5月13日 アートワークショップ 「エア建」 明星ライブラリー(愛知県田原市)

7月23日~8月12日 アーティストインレジデンス&展示(ポーランド) 

8月19日~27日 個展 ギャラリーhase(愛知県名古屋市)

10月22日~29日 企画(グループ)展 パティオ池鯉鮒(知立市文化会館)2階ギャラリー(愛知県知立市) ※一般財団法人ちりゅう芸術創造協会主催

12月7日~12月27日 アート企画のコンペティション「ファン・デ・ナゴヤ美術展2017.12」 企画者兼出品者 名古屋市民ギャラリー矢田(愛知県名古屋市)
          ※名古屋市市民文化振興事業積立基金主催

12月16日 the 7th deep night 美術評論家田中由紀子氏とのトークショー ナディアパーク7階 7th cafe (愛知県名古屋市)

2018年 予定

2~3月 グループ展 ドゥギャラリー(愛知県瀬戸市)

4月末~5月初頭 お寺deアート グループ展(愛知県豊田市) ※展示での参加かWSでの参加かは未定です。

5月14日~19日 グループ展 ギャラリー羅針盤(東京都中央区銀座)

アーツチャレンジ2016 展評 五十嵐太郎氏より

アーツチャレンジ2016の展評を審査員でもある建築・美術評論家五十嵐太郎さんより頂きました。

artscape.jp/report/review/10121128_1735.html
こちらのwebサイトからもご覧いただけますが、以下コピーして貼り付けさせて頂きました。
(写真はありません。)

会期:2016/02/23~2016/03/06

愛知芸術文化センター[愛知県]

審査を担当したアーツチャレンジ2016は、愛知芸術文化センターの正式展示スペース以外の空間を使う公募である。1~3回目、去年と今回も関わったので経緯を見てきたが、クオリティが高く、安定性の高い作品の展覧会に成長した。が、あえて欲を言えば、ひとつくらい思い切ったチャンレジをして、ときには失敗するような問題作が入ってもよかったかもしれない。印象に残った作品をいくつか。
地下階段の宮本宗は、人工補綴としてのクレーン+身体の大型インスタレーションの力作である。照沼敦朗は、カーマニアの自身を投影したミエテルノゾム君を軸に絵画、彫刻、映像を展開。棒読みラップのアニメが強烈だった。
水野里奈は、味覚→視覚の変換を提示するが、あいちトリエンナーレ2013、VOCA、豊川で見た絵画から進化し、複数の空間を重層的にたたみ込む表現が感じられて、そこが興味深い。11階のL字回廊の田口友里衣は、小さなガラス玉と石によるささやかな庭を設置し、それが屋外のビル群と共鳴する。
伊藤久也は、悪のカタチをワークショップによってさまざまな人に制作してもらう作品だが、参加者から語られる言葉が面白い。池谷保の絵は、目を突き刺す棘のようなテクスチャに覆われた表面である。一方、大崎土夢はマチエールの勝負ではなく、かたちと内容のズレが連鎖しながら、複数の絵画がさまざまな関係性を構築していく知的な空間をつくる。

写真:左=上から、宮本宗、照沼敦朗、水野里奈 右=上から、田口友里衣、伊藤久也、池谷保、大崎土夢

2016/02/27(土)(五十嵐太郎)

Exhibition

NEXT#4 見えないものを見る力

展示のご案内です。

名古屋市民ギャラリー矢田パートナーシップ事業NEXT#4

「見えないものを見る力」

8月16日(火)~28日(日)

10:30~19:00(日曜日は17:00まで)

月曜日休館

8月20日(土)

ワークショップ開催(参加費無料)

8月28日(日)

アーティストトーク

15:00ー16:00

名古屋市文化事業団による愛知県内の若手~中堅作家2名を個展形式でピックアップし育成を図る企画展です。

参加作家

石場文子・田口友里衣

過去最大面積の展示会場です。

旧作と新作を交えて展示致します。

在廊予定

8月16日~21日・28日

よろしくお願い致します。

表スクリーンショット 2016-06-29 23.17

2スクリーンショット 2016-07-01 15.44

田口友里衣展ーhere or there 過ぎてゆく日々ー

くさ笛DM

個展のDMデザインができました。

8月24日(水)~29日(月) 11:00~18:30(最終日17:00まで)
ギャルリーくさ笛
名古屋市中区栄3-27-22栄3パーク2F
http://www.juno.dti.ne.jp/~kusabue/

※名古屋市民ギャラリー矢田での企画NEXT展と同会期です。
8月28日(日)は矢田でアーティストトークの為くさ笛には在廊できませんが、それ以外は出来るだけ在廊しています。

よろしくお願い致します。

花奉る家

田原市伊良湖で開催される花をテーマにした田原市主催のイベント「花の超祭典」。
そちらで明星ライブラリー共催のアートイベント「花奉る家」に出品することになりました。
名古屋方面の作家さんを中心に15名ほどの展示予定です。

場所は黒川紀章建築の休暇村。

2016年2月20・21日
10:00~15:00まで

※アーツチャレンジの搬入とこちらの会期が重なっているため、私の在廊予定は未定となっております。 
 決定次第ご連絡致します。

以下明星ライブラリーさんのHPより転載させて頂きます。

■日時: 2016年2月20日(土)・21日(日)
■場所: 休暇村伊良湖   コテージ3・4・5  本館ロビー
(愛知県田原市中山町大松1)

※同会場で 2月20日、21日に開催される花をテーマとしたイベント
 「渥美半島 花の超祭典 」敷地内 にて。

■時間: 10:00〜15:00

Art Exhibition「花奉る家」は花をテーマにしたイベント「渥美半島 花の超祭典」と
同時開催するアート企画展。
2日間、”休暇村伊良湖”敷地内にある3つのコテージと伊良湖の風景が
この場所を訪れ「花」をテーマに作品を展示する15名のアーティストの「仮の棲み家」となります。

※「渥美半島 花の超祭典」
http://www.hanachosai.com/

▪企画:明星ライブラリー 

▪協力 : ハートフィールドギャラリー

Art Exhibition「花奉る家」
— 伊良湖の風景に松風と共に訪れたアーティスト達の”仮の棲み家” —

「花奉る家」とは2日間、この場所に訪れ「花」をテーマに作品を展示する3棟の”仮の棲み家”。
海の向こうに伊勢を臨み、変わらぬものとして常にそこにある渥美半島の空、海、山、松林…。
伊良湖の風景に「雪」「月」「花」と名付けられた各家での作品展示、パフォーマンス、
制作、仮の暮らしを訪れる人も参加しながら一緒に眺める2日間。

花に込められた想い、かたち、音、そこから生まれる出会いは時を越えて
そこにどんな新しい風となるのでしょうか?
松風(アーティスト)たちが棲む家でみなさまをお待ちしています。
「渥美半島 花の超祭典」にあわせ地元の生産者様から提供された
花とコラボレーションした作品の展示もお楽しみいただけます。

〈出展作家・五十音順〉

青木 邦恵   大阪府出身
青山 義武   田原市在住
兼藤 忍   愛知県豊橋市在住
後藤 章子   愛知県名古屋市在住
白水 ロコ   愛知県豊田市出身
新宅 雄樹   愛知県豊田市在住
田口 友里衣  愛知県豊川市出身
トザキ ケイコ  岐阜県出身
鳥居 純子   愛知県春日井市在住
ナカムラ ミオ  東京都出身
中谷 ゆうこ   愛知県名古屋市出身
西村 大樹   大阪府出身
服部 ミドリ   レバノン ベイルート出身
岡山 知憲   愛知県豊橋市出身

あらきひろみち (特別出展)

12489944_954860884590013_301835610_o

12443612_954860891256679_1464129918_o

11063545_933044193438349_7255357629521807486_n

アーツチャレンジ2016

s_IMG_20160814_0001mini

s_IMG_20160814_0002mini

アーツチャレンジ2016に入選しました。

展示は2016年2月23日(火)~3月6日(日) 愛知県立美術館
※月曜日定休

美術館のホワイトキューブ以外の廊下や屋上などの空間に展示をする企画展です。
私は11階回路にて展示します。

初日23日と27日にはキュレータートークも行われます。
また会期中の土日は公開制作を行います。

アーツチャレンジは1度通過してしまうと次年度より応募不可となるので、この貴重な機会にサイトスペーシフックな展示を楽しみたいと思います。

Art Exhibition in 普門寺 もみじまつり 「壺中」~境界のない世界への門に立つ時~

DSC_0038

12314596_999976290067268_8314549058142888965_o - コピー

12186247_981705371894360_1246246822157481013_o

905959_981705971894300_2500945359995103679_o

Art Exhibition in 普門寺 もみじまつり 「壺中」~境界のない世界への門に立つ時~

2015年12月5日(土)6日(日)
10:00~15:00

会場 普門寺本堂(入場無料)

「壺中」それは生と死、在るものと無いもの、過去と未来、骨と花、未知なるもの・・・全てが雲のように溶け合う場所。そこにあるこだまと自分が響き合う時、何が見えるのでしょうか。紅葉の山々を背景に歴史ある普門寺・本堂ご本尊ご開帳の場と共に陶、ガラス、音楽、朗読が作る景色が「壺中」への門となります。

・陶 兼藤忍 「曼荼羅華~いのちのきろく~」
・ガラスインスタレーション 田口友里衣 「here ore there-間の形-」
・音楽朗読 「Pilgramage~壺中の夢~」 ピアノ・音楽制作 岡山知憲 朗読 明星

その他普門寺副住職、林義将さんによるトークセッション「あたらしい死の景色」も予定しております。
【詳細は明星ライブラリーのHPまで】

高野山真言宗 普門寺
〒441-3104
愛知県豊橋市雲谷町ナベ山下7番地

企画明星ライブラリー
http://myoujou.dosugoi.net

ギャルリーくさ笛3人展

e-201504ae-201504b

here or there -曖昧な存在を証明する行為-

e-201503ae-201503b

「普門寺テラリウム in 普門寺 もみじ祭り

~もみじ燃える普門寺で小さなart exhibitoin~

4511

(さらに…)

冬に眠る鳥-造形と装飾-

e-201411a
e-201411b

生きモノたちの残像

e-201409ae-201409b

身につけるアート展

e-201407

ガラスと青と白のうつわ展

e-201405

雨に濡れた森

0097

ワークショップ&個展「ヤネウラリウム」

bg

アートエイジ 2015

20121212

望遠鏡と顕微鏡のある部屋

望遠鏡と顕微鏡のある部屋1望遠鏡と顕微鏡のある部屋2

個展 「記憶・記録」

e-201007-tosk

私の中のソラ

artageDM

Artist Statement


ガラスの質感はとても冷たく感じる。
溶けたガラスで制作している時はこんなにも熱く
流動的なものが手に触れられる様になる頃には存在しているのか、いないのか、微かな存在に変わる。
分子構造上液体に近いそれはゆっくりと溶け出し、消えていくのかもしれない。
その様なガラスの性質は、いつも儚いイメージを与えてくれる。
私はガラスを通して、ものの存在について仮説と証明を繰り返す行為を作品とする。

略歴

  • 1985年 愛知県豊川市生まれ
  • 2007年 名古屋芸術大学美術学部造形科工芸(ガラス)コース卒業
  • glassschool「tassglass」として各地でワークショップを行う。
  • 桜ヶ丘ミュージアム(豊川市)松坂屋(豊田市)八楽児童寮(新城市)矢作北小学校PTA(岡崎市)など他多数
  • 2013年にアクセサリー部門を「taionglass」として独立 デザイン&制作を行う 愛知・東京・大阪の百貨店にて販売

個展

WSヤネウラリウム

  • 明星ライブラリー(愛知県田原市)「ヤネウラリウム」/小さなヒミツの箱(愛知県名古屋市)「生きモノたちの残像」同時開催WSヤネウラリウム/普門寺(愛知県豊橋市)/小牧市生涯学習講座(愛知県小牧市)

企画展(グループ展)

  • 2011年~ 瀬戸市新世紀工芸館(愛知県瀬戸市)
  • 2014年~ ホテルアークリッシュ アペリティフの日inTOYOHASHI(愛知県豊橋市)
  • 2014年  普門寺(愛知県豊橋市)明星ライブラリー企画展「ヤネウラリウムin 普門寺-煩悩テラリウム編
  • 2015年  ギャルリーくさ笛3人展(愛知県名古屋市)
  • 2015年  普門寺(愛知県豊橋市) 明星ライブラリー企画展 「壺中-境界の世界への門に立つ時-」 公開制作と作品展示
  • 2016年  愛知県芸術文化センター(愛知県名古屋市) アーツチャレンジ2016(あいちトリエンナーレ地域展開事業)
  • 2016年  休暇村(愛知県田原市) 明星ライブラリー企画展 「花奉る家」
  • 2016年  市民ギャラリー矢田(愛知県名古屋市) 市民ギャラリー矢田パートナーシップ事業NEXT♯4 「見えないものを見る力」
  • 2016年  高野山真言宗普門寺(愛知県豊橋市) 「箱舟-土中に埋められたものと私たちが残してゆくもの-」

taionglass

  • Ruhm(神奈川県横浜市)/松坂屋(愛知県豊田市)/西武百貨店(愛知県岡崎市)/栄三越(愛知県名古屋市)/阪急百貨店(大阪府梅田)/銀座三越(東京都)/新宿ルミネcreemastore(東京都)/iichiギャラリーショップ浅草(東京都)

オーダー・その他

  • プロ和太鼓集団「志多ら」全国ツアー「蒼の大地」にてかんざしを制作/cafe創作室室内装飾/美容室Lucesoi室内サイン

雑誌/プレスリリース掲載

  • fratto/HANAMARU/Supli/planet/中日新聞/東海日日新聞/東愛知新聞/志多らツアーパンフレット「蒼の大地」/NHK東海ニュース/朝日新聞夕刊/芸術批評誌REAR38号/artscape

賞歴

  • 全国高校生総合文化祭彫刻部門愛知県代表作品選出(2002年)/名古屋芸術大学卒業制作展優秀賞(2007年) / ジャパンランプワークソサエティ第6回公募展入選(2011年)/ 瀬戸市美術展 入選(2014年)/アーツチャレンジ2016入選(2016年) /ファン・デ・ナゴヤ美術展2017.12企画採択(2017年)

Contact

Yurie-grass のサイトをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。(* は必須項目です)

折り返し、メールにてご連絡させていただきます。
ご返信に多少お時間をいただく場合がございます。ご了承下さい。

You Tube