Artist Statement


ガラスの質感はとても冷たく感じる。
溶けたガラスで制作している時はこんなにも熱く
流動的なものが手に触れられる様になる頃には存在しているのか、いないのか、微かな存在に変わる。
分子構造上液体に近いそれはゆっくりと溶け出し、消えていくのかもしれない。
その様なガラスの性質は、いつも儚いイメージを与えてくれる。
私はガラスを通して、ものの存在について仮説と証明を繰り返す行為を作品とする。

Glass has a texture that feels very cold.
Melted glass as I shape it into a piece is intensely hot and fluid.
Yet once it cools down enough to touch with a bare hand, its presence becomes so subtle that you can barely tell it is there.
It might be that the thing has a molecular structure similar to a liquid and it slowly seeps out and evaporates.
Such quality of glass invariably gives it a sense of ephemeral existence.
My pieces are born out of the repeating cycle of hypothesis and verification about the existence of matter.

略歴

  • 1985年 愛知県豊川市生まれ
  • 2007年 名古屋芸術大学美術学部造形科工芸(ガラス)コース卒業
  • glassschool「tassglass」として各地でワークショップを行う。
  • 桜ヶ丘ミュージアム(豊川市)松坂屋(豊田市)八楽児童寮(新城市)矢作北小学校PTA(岡崎市)など他多数
  • 2013年にアクセサリー部門を「taionglass」として独立 デザイン&制作を行う 愛知・東京・大阪の百貨店にて販売